生活の難しさを選ぶドン

ピーマンが食べられるようになったときの話をこのブログにいつだか書いた。それからというものピーマンの肉詰めと青椒肉絲は私の大好物。
ためしてガッテンのホームページに載っているまるごとピーマンの肉詰めを作った。肉だねをビニール袋に詰め絞り袋にしてピーマンに入れた切れ目から注入し、蒸し焼きにする。ピーマンがとんでもなく甘く美味しい。
ただ序盤から気付いていたとおり肉だねがかなり余った。どうすることもできないので、ハンバーグにはならないことはわかっていながら焼いた。肉だねに予めケチャップ塩胡椒で味付けをしているので、ケチャップまみれのゆるゆるの肉だねがハンバーグになるわけがない。案の定ボロッボロになったそれを仕方なくご飯にかけ、ピーマンの肉詰めをおかずにする意味がない丼が完成。意味がない丼。曲を選ぶドン。
ハンバーグを食べてないのにハンバーグの味がするご飯。卵だ牛乳だナツメグだと、定番料理でありながら繊細な研究が続けられているハンバーグの歴史を原点に戻す、挽肉玉ねぎ塩胡椒ケチャップのみの味。美味いのは最初だけで大味ってこれのこと言うんだな、と終盤は感情が無。味の素まみれの大悟飯を絶賛するノブだったら美味いと言ってくれるだろうか。
元ハンバーグチェーン店社員の夫は何て言うだろうか。玉ねぎのみじん切りは大変なので仕事が早番の日しかやりたくないと言ったときに、スキルが低すぎると言われた。スキルがないこと知ってて嫁にしたのにね。そんな私を愛する義務がお前にはある。苦しんで愛せ。

人の妻になった友人達。皆私と同じ甘えきった女ばかりだがちゃんとご飯作ったりしているだろうか。一人娘で何もできなすぎるから自立したいと一人暮らしを始めたものの、寂しくて友達呼んで遊んで外食してばかりだった奴が、付き合い始めたばかりの人との間に子供ができた。世間で言う責任というやつなのか結婚したという。心配すぎる。早く言えよと思いつつここにくるまで言ってくれない気持ちもわかる。できることがあったら全部してあげたいと思う。まずはこの出来事を笑いに変えてくれと言われた。あなたがおもしろいと思っている友人はインターネットに駄文を書き連ねています。早く会いたい。早く会いたいという内容の歌はピーマンではなくパプリカ。

気付けばテレビもつけないまま食べ終えていた。とても美味しかったピーマンの肉詰めは一つしか食べなかった。あとは夫にあげます。

Make spring great again

あと一週間余りで結婚して半年になることに今気がついた。家から出なさすぎて夫に心配された長い冬が終わろうとしている。心配も何も結婚前は家から出ないと会えないから出て会いに行っていただけで、今は家に居れば帰ってくるのだから家から出る必要がないだけの話なのですが…

テレビで未だに30代独身崖っぷちとか言ってるのを見て考えるけど、これから配偶者が借金まみれになるとか子供産んだのに病気や怪我で働けなくなるとかそういうことのほうがよっぽど崖っぷちだと思う。極論、次外に出たとき車に轢かれるかもしれないし、年金払っても貰えないし、アメリカでは銃乱射が起こる。この世は崖だらけ。なんびとも崖っぷちにいることを忘れるな。

今が一番何になりたいかわからない。結婚したら結婚式もウエディングドレスもどんなお母さんになりたいかも次々とドリームが膨らんでそれを叶えていって…みたいに自動的になるのだろうと子供みたいなことを20も半ばになって考えていたが、ならないことがわかった。多くのことは、自分の意思で実現し、動かせるということはわかっているけど動かしたいこともない。自分の体さえ動かしたくない。毎日働いているだけ奇跡。あなたたちは奇跡を目の当たりにしています。

「ぜんぶ雪のせいだ」というスキーの広告、本当の雪のせいをお前に見せてやりたいよ。朝起きて雪が積もってるだけで今日もなるべく早く帰って来ないとしんどいなと思うところから始まって、寒さに耐え早足で歩いていると何か考えてはいるんだけど気付いたらもう家or職場に着いててその間の記憶がないんだよ。どうですか?あなたも心配になってきましたか?でも心配してもらいたいわけでは決してない。みんなこうでしょう。楽しくない瞬間を抜粋しているだけです。私の少しの肌荒れも心配してくれる夫といつも笑い合っているし、今日は実家に帰って両親とおいしいご飯を食べました。

さて、元号が変わっただけで勝手に何か変わると思っている人達、若人が新しい時代を担っていってくれると思っている人達、あなたたちが生き長らえている間はおそらく何も………………。そして当の私は、私と私の家族が幸せに暮らしていけるのかを考えるとまさに崖っぷちにいるような気持ちになってきますが、みんなが各々の幸せを感じて誰に干渉されることもなく生きていけるのがきっと求められる新しい時代です。そのためには変なネットニュースは見ない、坂上忍の言葉を聞かない、ドナルド・トランプにドン引きし続けるなど、身近なところから始めていきたいですね。
では、しっかり暖かくなった頃合いにまたお会いしたいと思います。

咳をしても二人

気付いたら瀬も瀬でした。年の。今年も一年ありがとうございました。

夏の終わりに実家を離れ、秋に目出度く人の妻になりました。そこだけ抜き出せば大変に良い年でしょうが、考えればそこからは何も良いことがなかった。病気の連続。今まで風邪もあまり引かなかった自分が、引いては拗らせ、処方された薬でアレルギーを起こし、今現在も咳が止まらず、この平成の終わりに結核で死んでいった明治の文豪の気持ちで筆を執っている。
夫も2年に一度くらい疲れの限界に達すると起こす扁桃腺炎をつい先日起こし、果たしてこの生活は私達にとって正解なのか。

そもそも、今年の漢字「災」の採用に大きく貢献した9月の地震、あれは同棲開始から僅か一週間後だった。あの数日後に暦上大変縁起が良いとされる日がありその日に入籍すべきと夫が主張していたのですが、地震でそれどころじゃないねとなりひと月ほど延期したのだった。暦とは?縁起とは?いいことがあるって本当?出身大学は?恋人は?調べてみました!

だから私がなんにもいいことなかった!最悪!失敗だよ!なんて日だ!どこよ!パナマどこよ!と思っているかというと、それは違って、なんと、夫のおかげで、毎日おもしろいので、ちょ〜うどトントン。夫のおもしろさをここで羅列するわけにはいかないのでいつか本を出します。引っ越したのに前の家と同じような上の階のうるささだけどもしかしたら私の爆笑もうるさいかもしれないからちょうどトントン。(そんなに大きな声を出して笑える人間だったらもっと人生全体が明るかったと思うのでこれは嘘)

地震だってもし実家を出る前に起きていたら、親を残して行くのが心配になって、夫と暮らしても仕事でだいたい私が家に一人でいることが不安になって、諸々を延期していただろうと思う。でももう出てきてしまっていたので、全然なんとかなったので、またこれからも何かしらはあるでしょうが、私達は私達で、親は親で、各夫婦手を取り合って頑張りましょうねという気持ち。私は全ての物事の順番やタイミングには意味があると思っています。

そんなこんなで体力が全然回復しないまま今年が終わってしまう。自分のやりたいことが全然出来ず、やりたいこと永遠の第1位・昼寝もやり放題かと思いきや仕事の日にできない家事をするとできなかったりする。このジレンマが体調不良を生んでいる。私は平成をずっと横から見てきた女だから。結婚式をやって子供を授かろうかというエネルギーが全然生まれない。披露しなければ私はこのままで幸せだと世間は納得してくれないらしい。人は意外と私に興味があったらしい。マジ意外。これでもかと見せつけないと信じてくれないらしい。信じてください今日も明日も幸せ。咳さえ止まれば。

わがまま娘 これからも娘


嫌な事があった日やなんにも楽しくなかった日でも会えばめちゃくちゃ笑わせてくれる男と結婚するんですが、毎日毎日一緒にいるとなるとその嫌な事の発端がその男になることもきっとあるわけで、その場合どうやって笑えばいいのでしょうか。
話し合えとかそういうのはいりません。笑っていたいのです。

人に怒られないように頑張って学校や仕事で自分を繕ってきましたが、生活は繕えない。私の生活は怒られることいっぱい。ですよの最近は謝ることいっぱい。怒られたくない。

会社の人に結婚しますと言うのが誠にめんどくさい。結婚している会社員、そんなものになると思っていなかった。超大人じゃん、結婚している会社員。配偶者のいる会社員。税金のこととか何もわからないのに、私が配偶者のいる会社員なわけがない。配偶者のいる会社員として見られたくない。Forever21で売ってる服を何の躊躇もなく着たい。20歳だったら買ったのに…とため息つくためだけの場所、Forever21。

結婚したって何も変わる気がしないと書いた。もちろん私は変わらない。でも周りは変わる。子供ができたら尚更だ。いつでもこの実家の、中学生からずっと使ってるぺらぺらの寒い布団で、妻でも母親でもない私になりたい。母親になる予定はまだありません。

結婚式に神様を介入させたくない。神様と一つも関わることなく私達の関係は築かれました。全然知らない牧師さんに汝とか言われたくない。知らない人に呼ばれたことない二人称で呼ばれたくない。「バージンロード」って恥ずかしくて言えない。どの口がバージンなんて言う。牧師さんと神父さんは違うらしいが、神父と新婦が共存したらだめだろ。もうわからない。

変わらないけど変わらないといけない。こんなに文句ばっかり垂れないでもっといろんなことを受け入れて感謝してありがとうと話しかけたおいしいお水を飲まなければいけない。人の配偶者になったり親になったりする人間はもっと柔らかくなければいけない。「膣活」とか「子宮力」みたいなヤバいやつを見てふざけてる風に「膣を柔らかくしたい気持ちはある」と言って小ウケを得ましたが、割と本気で言っています。膣と足の裏を柔らかくしないと本気で生活が辛いのです。自分自身をやめる気はない、でも何かは変えないとどんどん生きづらくなるのが見えます。それでも私と結婚したい男がいるらしいのです。それで笑っていられるなら十分なのですが、自分だけでなく世帯の話になってくると、自分の不十分さが怖くなってきます。マリッジブルーとクリスマスは皆に平等に訪れます。

犬は好きです


平成が残り一年を切り、平成最後の夏が〜とかこぞって言うてはるけれども、パリピ寄りのみなさんは本当にそれでモチベーションが上がりMake it specialにできるのか?

年月を生きてきた私たちは、思えば事あるごとに周りから「学生最後の夏休みだぞ」だの「10代最後の年よ」だのと言われてきたけど、みなさんは最高の最後にできましたか?私は高校生最後の夏休みに道端ですれ違った犬に右足をかなりしっかりめに噛まれました。最後だし、好きな男の子もいるし、と思ってクラスのみんなで海に行く予定を入れてみたけどその怪我のせいで行けなくなった。でもやはりそんな陽キャの集いには行きたくなかったのが本心なので安堵したのも事実。高校生という多感な時期、自分は何者であるかに悩み、何かが変われば、退屈な日常の中の何か小さなこと一つでも変われば、自分も変わるかもしれない。そんな思いを抱えた少女に、最後だからって何も変わりゃしねーよいつも通り家でおとなしくしてろ、本当は行きたくなかった、それが全てだ、とあの犬は告げたのだ。

自分らそろそろ結婚いいすか?いいすよ、というやつを最近したのでこのまま何もなければ今私は独身最後の年を過ごしているわけですが、住む家と名字が変わるくらいで別の人生が始まるとも思えず、毎日元気にじっとしている。あの犬が、何かが変わってもお前の人生はずっと地続きで良いことも悪いことも全て同じ一本のレールの上だと告げたからだ。

誰かの配偶者になっても、2019年5月1日新しい元号になっても、同じようなものを食べ同じような仕事をし(あ〜仕事は辞めたいかも〜でもたぶん辞めてない)古い音楽を聴き、深夜ラジオを聴いて気持ち悪い笑い方をして寝る。

そもそも時代とは何。戦争もバブルも同じ昭和だ。人の生活を変え、後に時代と呼ばれるそれを変えたのは昭和ではなく戦争やバブルだ。

平成最後の夏だから、好きな子を花火大会に誘ってみたあなたが、晴れてその子と付き合うことになったとして、それは平成最後の夏が起こしたことではなく、あなたが起こしたことだ。
変えるのは、あなただ。
JUST DO IT.
NIKE

私も謝らない


何も楽しくないために何も書かずにいました。

以前Twitterにも似たようなことを書きましたが、休みの日はじっとして好きなだけ寝たり好きな本を読んだり好きなことをして過ごしているのでストレスは溜めていないと思っていても、人に愚痴をこぼしたり何かにぶつけたり等、発散しようとする行動を起こしているわけではないのでなんとなく鬱鬱としてしまう状態、に今またなっている気がする。

怒ったり焦ったりする夢を見る。ニッキーミナージュと英語で話して英語下手すぎて焦る、近頃GUCCIモスキーノ等のハイブランドを可愛く衣装にしているTWICEが、日本の番組でパフォーマンスをした際エンジェルブルーを着せられていてブチ切れるなど。

あー楽しくないこんなことなら無理してブルーノでも見に行けば良かった。全てを捨ててアポロシアターにでも行こうかしら。出国税を導入したら若者が海外に行かなくなって視野が狭まるのではという懸念があるらしいですが、出国する余裕があったらそんな少しの税は気にならない。まず出国する余裕がないのだから。お前ら老いぼれ政治家とどっちが保守的で視野狭いか少しは考えてからものを言え。

ブルーノが来ている間私は私で椎名林檎さんのツアーに行った。行ったのに何も楽しくないとか言ってごめんない。嘘で〜す。近頃の彼女は殊更に人生は〜人生とは〜と語るような曲を書きます。人生はあっという間で、(でも長いとも言う)自分が何者であるかなんて重要ではない、そもそも本当のところは誰にもわからない。不幸だった訳がわかっている今は損しただなんて思わない。今この瞬間私は自由、人生は思い通り。というようなことを書いており、なるようにしかならない主義の私は「そうですよねぇ」と大悟の言い方で言うしかない。楽しくないとか言いながら現状を打破したいと思わない。これが人生〜私の人生〜と本気で片付けるので。

私は自由〜とか言うと、今は歴史に残るステージをやってしまったビヨンセが頭をよぎる。彼女は今きっと、なるようにしかならない主義とは対極にいる。"自由が必要、そのために走り続ける、勝者は自分自身であることをやめない。"ありのままの自分を愛そうよ〜なんて安直な言い方はしない。私のベイビーのアフロヘアが大好き、自分の鼻も好き、私は最高、だからLadies私についてきな、私は謝らない、浮気したお前がカス!と言い切る。もう黙ってても豪遊して生きてける金はあるのに、伝えたい、変えたい、勝ち取りたい、与えたいことがあって、それを誰よりも大きな舞台で表現するために稼ぎ続けて作り続ける。それを私は布団の中で見る。私みたいな女にも与えてくれる。私みたいな女に憧れられてこんな駄文を連ねられてかわいそうだ。何にも勝ってないのに自分自身であることをやめたくない。自分でいていいですか。これが人生で片付けていいですか。

草彅剛マジ尊敬


TWICEを筆頭とする何度目かのK-POPブーム、そして平昌オリンピックで何かと韓国が話題のこの2018年初頭。なんとなくその韓国の流れの中でふと気づく、あれ?ハングルって覚えたら読めるんじゃね…?と。もちろん、覚えれば読めますよ字って。そして無料アプリで勉強をしけっこう読めるようになった私がここにいます。

私はけっこう英語を頑張って勉強したのですが、言葉というのはコミュニケーションのために、意思の疎通のためにありますから、誰かと交わさなければ意味がありません。けっこう頑張ったのに意外に喋れないもんだな〜奨学金借りてんだぜこっちは。などと愚かなことを思っていたがそれもそのはず、使う相手がいないのだから座学以上の進展があるはずがないのだ。使う相手がいないなんて言い方もおこがましい。私はそもそも、日本人相手でさえバカ人見知りで話し相手など数人しかいないではないですか。

思えば、絶対留学して、カナダの片田舎の大学で出会った様々な人種の仲間達とファレルのHAPPYに乗せて踊りたい、みたいな人のテンションで自由参加のTOEICの講習とかも出ていたし自分でお金払って受けた。留学するまでの金も度胸も目標もないし、海外に憧れがないわけでは決してないが、札幌でふらふら生きられたらそれで良かったのに、なぜそこまでの熱意があったのか。私は意外と真面目で一度手をつけたことはけっこう頑張るんですよー負けず嫌いなところも少しありましてん。くらいのことだと思っていたが、一度手をつけたことはけっこう頑張るというには中途半端すぎるし、負けず嫌いと言うならこの状況は完全に負けだろ。お前は喋れてないんだよ。

その「なぜ」が今回の"ハングル読めるんじゃねの変"によってわかった気がするのですが、言葉わかったらおもしろいんじゃね。でしかない。本当にそれでしかない。あと言葉ってパズルみたいなところがありますよね。パズルゲームとしてかなり楽しいんですよね言葉の勉強って。ハングルなんか特に見た目もパズルっぽいし、私が手を出した学習アプリの出題形式が完全にパズル寄りのクイズなので、キャンディーソーダに飽きてきた乗り換え先感が否めない。そして今回も今までのように、韓国語で会話をしたい相手がいるわけもなく、パズル感覚ではもう済まされない、完全に言葉として声として自分のものにしなければ進展はない、という段になったらやめざるを得なくなるのが目に見えている。私は会いに行きたいオッパがいるわけでも、第二のTWICEになるべく韓国のアイドル事務所の練習生になりたいわけでもない。

ハングルがどうとか言って一文字も出てこないですよ。だってまだ書けるとは言ってない。

でもさー。何か勉強したいという気持ちだけでも汲んで欲しいじゃないですか。とにかく私はどんなに仕事で売上を作れる人よりもいろんなことに詳しい、勉強が好きな大人に憧れているんだ。ペラペラまでいかなくても"わかる"ものが欲しい。大した役にも立たなくても何かを知ってる人に。でもそういうのも結局、インターネットに向かってるだけじゃだめなんだよね、人に会っていかないと…人を通して見聞を広めていかなきゃだね…そだねー…そだねーJAPANって何だよではなくそだねーJAPANでいいねと思えるような柔軟で大きな人間に…実際斬新だよね、そだねーJAPAN。長くなりました、さようなら。