読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

B-AKA ブンガク

好きな作家さんの新しい本と別な好きな作家さんがおすすめしてた本を買って来た。
大きい単行本は外で読みにくいし何より高いし、滅多に買わなかったけど、去年くらいから読みたいものは我慢できなくてちょこちょこ買うようになってしまいました。

昨年はというとあのコンビニ人間を買って読んだらよくわからなくてもしかして私は脳がないんかと思った。一気にスッと読みすぎたのか、本当に脳がないのか。

昨年は又吉先生の新書『夜を乗り越える』が良かった。私は本好きみたいなことを言いたがりなだけで一般の本好きの人に比べたら全然読んでないけど、それわかります私も本好きなんですもっと読みたいですなんならちょっとどこか目立たない所にエッセイでも書いてみたいです、という気持ちが沸き起こりました。
あと『怒り』映画めっちゃ豪華キャストでおもしろそうと思って公開待てなくて先に文庫買って読んで、かなりおもしろく読ませて頂いたのですが、この結末わかってて一人で映画館行くん…………?辛すぎひん…………?状態になってしまって観に行けなかった。あと公開始まってから販売されてたカバーの方がかっこよかった。大後悔。大後悔時代。

GUAM乃風こと若林が読書芸人で「馬鹿だから本を読んでるのに本棚を見られたら何の馬鹿かバレる。だから本棚を見られるのは嫌だ。」と言っていて2016一番のなるほどだった。若者の活字離れど真ん中・学校の朝の読書の時間でケータイ小説を回し読みしてたクソ馬鹿世代の私達は、しっかり本を読んでいる人が頭の良い人と思いがちでしょう。読んでない奴よりぜってー頭良いしと思ってた。でも読めば読むほど楽しいのはそれだけまだ知らないことだらけの馬鹿だから。

詩を読めるようになりたい。詩が本当にわからない。歌ならまだメロディーと共に入って来て、これは素晴らしいフレーズだなと思うこともたくさんあるけど、文字だけの詩を読むのが苦手すぎる。味わってみたい。
いつも読むジャンルが似通いすぎて、(女性作家ばかり)本棚も冊数の割に作家数が少なすぎとか思ってて気付いたけど、音楽とかと同じでジャンルがいろいろあるんだから好きなジャンルに偏って当たり前ですね。エミネムとエンヤと森進一を同じくらい満遍なく好きで聴くのがおそらく難しいように。例え上手くなりたい。

あといろんな人のエッセイをたくさん読んでたいしたことない私の日常も上手くおもしろく書けないか勉強してみたい。

ちゃんとするので図書券2億円と2億連休ください。
今年もよろしくお願いします。

最悪の共有

身体がマジの棒切れなのがコンプレックスで水着になるのも恥ずかしいし温泉や銭湯の類も苦手でなるべく避けていたのですが、休みができたので彼氏と日帰りで温泉に行った。別々だから一人で黙って入ればいいのだし知らんおばはんしかいないに決まってるんだから私もゆっくりしようと思っていたら、ばったり友達に会った。中で。裸で。こんなことある?キモ。ウケるねーとか言ったけどウケねー。かなり仲が良い友達だったからまだ良かったけど微妙な、ゼミ同じだったよねー…みたいな友達だったらと思うとゾッとする。しかも女湯まあまあ混んでたし同世代くらいの若い女も多くてけっこう無理みたいな。もっとババアだらけであれ。まじ落ち着かん。落ち着かんけど、せっかく来たしもう当分来たくないからちゃんと浸かろうと思うも、心が落ち着いてないから熱いし心臓バクバクしてきてまだ幼児連れのお母さんくらいしか出てる人いない段階で出た。

あんな裸だけが目に飛び込んで来る状態マジいかれてる。えらいもんで修学旅行やら合宿やらでみんなとお風呂に入らなきゃいけない状況何回も乗り越えてきたはずだけどびっくりするほど記憶がない。不要なものはどんどん切り落として行こう。

裸といえばやっぱりセリーグパリーグを戦わせなきゃいけないときが多々あるじゃん、大人になって恋をしていたりすると。もうさー進化しないかね。どうにか。女体にも見てもらうべきタイプとそうでないタイプがあるでしょ。私は確実に後者に属するんだよ。私と坂口杏里はさ。まじすげえなあいつ。もうどうでも良くなっちゃったんだろうな。でも私はどうでも良くないわけ。見て得して貰えると思わないから消灯を推奨し続けたいけどもう付き合って長いのにまだそんなこと言ってんのとも思われたくない。もうめんどくさい。私はめんどくさいけどめんどくさい女と思われたら困るから我慢するけど。エッチしたら棒切れじゃなくなるのか?ラサー◯石井さんよ。してもしても棒は棒なんだわ。気持ち悪い上に意味もわからない理屈も通ってないって最悪だな。最悪。

休みは働くためのものじゃない

OTOGIBANASHI'SとKANDYTOWNをレコメンドしてもあまり響かなかった様子の彼氏がSANABAGUNはハマってくれてとても嬉しい。こんばんは。

正確な年齢はわからないのですが私より同じくらいかちょっと上かなと思われるこの方々。あとSuchmos。アイドル以外で私の世代がぐんぐん出て来られてる時代になった。

で、やっぱり今のキーワードはもちろんヒップホップ含むブラックミュージックなわけですが、この私達世代というのは物心ついた頃にはもう日本にブラックミュージックが持ち込まれラップがチャートに入っていたわけですよね。でも、もっと前から本国ではブラックミュージックはド主流になっていたのだからいくらでも真似して流行らせることができたはずなのに、今になってやっとこういうグループが売れてきてる。いたかもしれないけど、ここまで話題になって来なかった。ということを考えてたらやっぱり物心ついた頃にもうあったかなかったかの違いってでかいんだなと思った。

宇多田ヒカルがめっちゃR&BなAutomaticでデビューしたけれどこないだなんかの番組でメロディーはとても歌謡曲的だと言われていて確かにそうだなと。すごく聴き取りやすいし、だから当時の大人にもうけて売れた。アメリカで育ってもお母さんの歌を聴いて育った彼女だからこそ起こせたことなんですね。

それに比べてSuchmosまじ何言ってるかわかんねえ。KANDYTOWNもまじわかんねえ。何言ってるかわかんないのって基本怖い。でも怖くない。超かっこいい。何をやってるのかはわかるから。大人にうけてるのかは知らんけど、同世代の私達が、自分で音楽を聴きだすような年にはもう宇多田ヒカルがヒットを飛ばしてて、Dragon Ashが、KICK THE CAN CREWが、RIP SLYMEが、ジャニーズ抜いたりしてるような中育ってきた私達世代が大人になって作り手でも聴き手でもあるところにやっと来たのだな。成長過程でなんだこれかっこいい!ってなったんじゃなくて、もう自分の子供の頃からの音楽体験のルーツとして完全にブラックミュージックが存在してる、気付かなかったけど新時代に突入してたっぽい。

同じような感じで育ってきたはずなのに彼らはなんなんだよ。特にSuchmosはおっかないなあの子らは。KANDYTOWNは違う意味でおっかないけれども。都会は怖いな。札幌ってやっぱり田舎なんだなという気持ちになるな。

SANABAGUNが彼氏に受け入れられたのはきっとリリックですね。SANABAGUN、仕事帰り一発目に「人間」聴くと、慣れない下手くそな例えをしますが、お風呂入った時にあ〜って声出る感じみたいになる。わかる人が一人でも居てくれたら幸い。バカみたいに売れて欲しい。ライブに行きたい。さようなら。

私の魂彩る

宇多田ヒカルさんが、宇多田ヒカル大先生が、以前は強がってる女の子ってキャラを通して発していた、今までの曲はどこか空想の雰囲気があった、と仰った。
言っていることはわかる。強がってる女の子キャラでないと、「別に会う必要なんてない」なんて歌い出しはできない。「彼氏だとか彼女だとか呼び合わない方が僕は好きだ」なんて普通の女の子は言えないはずなんだ。
それはわかるけど、では、私は、今までの彼女の曲を、作詞作曲という「創作」であることはわかりつつも、10代やハタチそこそこのリアルな感情の片鱗が散りばめられていると信じていて、10歳年上の彼女の曲に10年遅れで胸を打たれ、支えられているというのに、それは勘違いだったのか。私は、強がってる女の子キャラを通して発された歌に陶酔している強がってる女の子なのか、22にもなって。
確かに、10代で書けるなんてすごすぎる歌詞で、彼女が15,16で書いた歌を私はハタチを過ぎても、は〜すごい…は〜すごい…ありがとう…と言っている。すごいけど、私の中に確かにある感情で、10代のときからあった感情で、それをこの表現にして書いて歌っているのは到底及ばないすごさなんだけど、同じことを思っていたのだから、近い存在である、と信じていたかったのに、そう信じることでより愛を感じられたのに空想なんか〜〜〜〜いというね。

そして今回、そのキャラを通さなくてもよくなった、より肉体的になったと言われて嬉しかったと彼女は言った。母を失って、自分が母になって、初めて本当の気持ちを歌えた。私はそれを受け止めたい。ぜひ受け止めたいのだけれど、母失ってないし母になってねえ。「道」を聴いて素晴らしいなと思った。思ったけれど、絶対今はわからないこれは。この歌に支えられるのはきっと何年も先のこと。また少し遠くなる…
15歳頃から少しずつ少しずつ、この曲もすごい、あっこの曲も今の自分にぴったりだ、とはまっていって、本当にすごいと思うのはここなんだけど、だいたいの恋や悩みに寄り添ってくれる歌があるんだよね。
それにこの度、親を亡くしたとき、そこから少し立ち直ったとき、そして自分の子供を産んだときに対応してくれる曲を出されてしまわれた。これはつまり宇多田ヒカル以外聴けなくなっても力強く生きていけてしまうということなのでは。そして自分がそれに直面したとき、その時聴く彼女の歌は強がりでも空想でもなく本当の彼女の気持ちで、その時私は何歳になっているかわからないけど、その時初めて本当の彼女の気持ちを聴くことになる。宇多田ヒカルの音楽があれば何があっても大丈夫と思える。

過去も未来も関係ないさ


いやーまじかよ。まあさー1月の騒動あってから、ギクシャクしながらやるくらいなら解散してもいいんじゃないかなとはちょっと思っていた。思ってはいた。誰しも、仕事は楽しくできるに越したことはない。だけれども、この事実に気付いた瞬間きついなー。私の子供、SMAP知らないのかよ。馬鹿じゃん、SMAP知らないとか。いないじゃん。存在しないよSMAP知らない人。世捨て人かよ。
まあ私の子供は存在しないのですが。作ってもない。今妊娠しても今から10ヶ月後は来年6月なので解散から半年も経っておりほとぼり冷め冷め。あーSMAPねー残念だったね…で話終わる。
しかも、しかも、もうちょっとリアルに考えるとして東京オリンピックの頃には産んでいたい。離乳食に取り掛かっていたい。とすると、平成も終わってる可能性ある。陛下生きていて欲しい。けどゆっくりとお休みになっていて欲しい。生前退位超肯定派。否定も何もないと思いますが。陛下なので。
私の子供SMAPも知らなければ平成も知らないのかよー。これSMAPファンが子供にSMAPにちなんだ名前付けるブーム起きかねないよ。そうでもしてSMAPを知らせようという運動をするよ。私はフライくんと名付けようかな。フライの木村くんにしようかな。最高なので…

時代変わるわー。さすがに私ももうすぐ23歳そりゃ何かしら変わっていきますわ。子供も新しい時代を生きますわ。私の親も思ったのかな。てか今から生まれるとか平成生まれってことじゃんじわるーって思ったかな。夢で逢えたら知らないのかよきっつって思ったかな。

関係あるようでないけど、テレビから引退するなりして消えたり、亡くなったりしていてもすごい人ってずっとテレビに出てくるじゃない。美空ひばり山口百恵ピンクレディーキャンディーズに、生まれる前に舞台から消えてても普通に知ってるじゃない。たまによく知ってるねって言ってくる大人とか知らない同世代の奴とかいるけど、なんで?しか出てこなくない?明菜ちゃんの歌大好きだけどテレビ観てたら普通に覚えない?
たまにTwitterで今年の新入社員がドリカム知らなかったとかリップスライム知らなくてジェネレーションギャップwとかあるけど、せめてもう消えた人とか亡くなった人でやって。それただ親に本しか買い与えられてなくてクラシックしか聴かせて貰えない人じゃん。

私の子供SMAP知らないのかよって散々言ったけどたぶん知らないことはないんだ。これからジャニーズとテレビ界と拗れまくらない限り映像はずっと残るし、もうマッチ秘蔵映像集いいよ以上にもうSMAP映像いいよって絶対なるし。知らないなんて許さない。生まれたときからyoutubeがあって過去をいくらでも知れる時代に生まれておきながら今のことしか見ないなんて損でしかないですからね。子供が中学生くらいになって平成のラップ聴くのハマったわーとか言いだしたら超アツい。有能芸人ことハライチ澤部がMCとかやり出した頃にハライチの昔やってた漫才の動画超おもしろいとか言いだしたらもう産んでよかったー!になるよ。やば!落ち込んでたけど元気出てきた!インターネットがある時代で良かったー!SMAPごめん!解散しても余裕!ラストベスト出すなら胎教から子守唄まで使い倒してやるからな!ママのお腹の中でそっと〜きゅっと〜って聴いてたのーって言いますからね私の子は。なんでその曲やねんっていうやつをやりますからね。

千手観音

あまり新鮮なトピックではないのですがKREVAの般若へのアンサーかと言われているラップをニコ生かなんかで披露した動画めっちゃおもしろいですね。
私は言葉は悪いですがKREVAのダサいところが割と好きで曲聴いててもなんだそれって思うリリックたくさんあるし、何より動きが最高にダサくて、KREVAはヒップホップをメジャーに持って行って成功した中の最も重要な一人と言っていい人物でありながら、疎い人が「ラッパーってこうやってやるやつでしょ笑」ってやる動きをいつまでもやってるところがまじでダサすぎて最高。
なのにあの動画ではダサいを通り越してKREVAってこんな変な声で変な顔作ってたかって思っちゃいまして。コメント見たらシャブかって書かれてて笑ってしまったけど前からKREVAはこんなんだとも書かれていて、あ、そうですか。って感じです。そもそもそんなめちゃくちゃ好きなわけではなく顔もそんなそんな見ていない。ただおもしろすぎて真似するのがブームです。ごめんね。

曲になったラップはかなり前から好きなんだけどフリースタイルラップにおいてはこのブームから見だしたにわかです。たまに見ると楽しいけどやっぱりかっこいい〜おしゃれ〜な洋楽をサンプリングしたトラックにちゃんと紙に向かって(古い)考え抜かれたリリックが乗ってる音楽が好きだな〜となって全然時代に乗れてないなと思う。それに字幕ないと聞き取れない…フリースタイルダンジョンの字幕出るときに字を引っ張ってくる?剣みたいなマークもめっちゃダサくてツボです。小学生の服みたいな

それで、私が乗り切れない理由が、Mr.Qが出たときに昔の曲のリリックを引用してきて、その時は私もあっ知ってるこれ〜なるほどこういうのを持ってくるっていうのもね〜芸としてね〜古いリスナーは沸くものね〜なんて思ったけれども、判定のときに「あのラインが出ちゃったらもう。笑 Mr.Qさんにあげました!」みたいなこと言うのよ。ケンザでしたっけ。いやいやいや。それ判定の理由でいいのか?もちろん文脈や流れ踏まえて持ってきたことがすごいということはわかるけど、そんなの誰でもできるじゃん。フリースタイルとは何かねえ。ってなるじゃん。もうみんな人間発電所を歌えばいいじゃん。ってことになるじゃん。

一方で、DOTAMAとSKY-HIこと日高くんのバトル動画を見てて、どちらもすごい中、日高くんはかなり固く踏んでてかっこいいなと思ってたらコメントがSKY-HIは仕込んできたやつをやってるだけだろみたいなことばっかり書いてんの。引用と仕込みは違うようだけど、前考えたやつを引用したと考えれば同じといえるのではないですかね。フリースタイルとは何かねえ。part2ですよ。

まあYouTubeにコメントしてる奴らは批判を書きたがるから、さっきのMr.Qの回もMr.Qは別に勝ってないだろみたいなコメントたくさんあったんですが。ていうかラップバトルっていうのがそもそも人を悪く言うってものだから、このブームでハマりだしたワックなナードがYouTubeのコメント欄でもなんでも難癖をつけることでDisを疑似体験みたいなことになっていってませんか。誰も見てないところでバトルをするなよ。かつてPESさんが「ヒップホップはデブとチビが報われるジャンル」と仰いましたが、ただのデブやチビが報われるわけがない。表舞台に上がってくるのには突出した才能が絶対にあって、SKY-HIをアイドルだから、バックの力があるからヤラセだとしか思えないような奴はヒップホップに向いてないからな。

私はかつてAAAの大ファンだった過去があり日高くんを応援しているのでこのような着地点になってしまいましたが、実はSKY-HIとして活動している曲が全然好きになれなくて、遥か昔AAAの男メンバーだけの曲で日高くんが作ったBETというめちゃくちゃかっこいい曲があるのですが、なぜその路線で曲を作ってくれないのかと言いたいのです。一つよろしくお願いします。結果的に私が納得いってないのはラッパーを取り巻くくだらない批評だとわかったのでこれにて終了させていただきます。アンダーグラウンドで盛り上がっていたものをいきなりテレビに持ってくるなんて、こうした混乱はつきものです。それも含め楽しませていただきます。

人間の証明のテーマ

YouTubeをオフラインで流せるアプリでラジオ音源を聴きながらパズルゲームをひたすらやる時間がたまらなく好きなんですけど。それもベッドで。

最近は、というかもうかれこれ5年くらい放送室が好きで好きで定期的に聴いている。最近になって放送室が終わったのは2009年だったことを知り、その頃には私はもう好きなアーティストのラジオを聴きながら勉強する等ラジオを聴く習慣ができていたのでリアルで聴けたじゃん、でも深夜帯は無理だったか、となったけどそもそも北海道では放送されていなかった。インターネットの時代に生まれて本当に良かった。

放送室といえばやっぱり尼崎の子供・学生時代の話じゃない。ひどいひどい言いながら本当に楽しそうに話すからこちらも笑顔が溢れてしまうじゃない。止まない雨はないじゃない。

それで思ってたのは私はそんなに子供の頃楽しかったことないしそもそもそんなに覚えてないということ。高須さんがよく「自分よう覚えてんな〜」って言うけど本当あのおっさん達子供の頃のことなんぼほど覚えてんねんてなる。あと放送室2時間も3時間も続けて聴くともう普通に関西弁喋れる気になる。

昔から冷めた女で学校が嫌いだった時期もあるしなんか雰囲気的にはそのまま友達いない子になってもおかしくなかったような感じだったけどなんとか持ち直してこうして生きてるだけで丸儲けだから子供の頃のことなんてもうそんな、いいや、って気になってたのだけど。この間、未だこのちっぽけな町で実家暮らししてる数少ない仲間から急に呼ばれて行くと、中学以来、下手したら中学もクラス離れて小学校以来話してもないようなメンバーがいて、しかもみんな男子で、びっくりしたけどまあーーー楽しい時間を過ごしたのよ。"初対面の人より中途半端に久しぶりの人のほうがなんか人見知りしちゃうよね"がキャッチコピーの私も普通に喋れるし、何よりそういう友達と話せば、何も覚えてないと思っててもたくさん思い出せるのね。おもしろいこといっぱいあった。これもう放送室できるやん!ってなった。

だいたいの人ってあのテレビで観る松ちゃんも子供時代があって普通の貧乏な家で育って普通にその辺で遊んでた子だったんだ〜おもしろさは桁違いだけど〜という親近感のわき方をラジオ聴いてる時点ですると思うんですけど、私はそんなににこやかになる思い出や、一回転校したこともあり語り合える幼なじみもいないと思ってたけど全然あったわ〜松ちゃん側に行けたわ〜という謎ベクトルの親近感とは違う、何、達成感?自己実現?自分磨き?起業?ベンチャー?みたいなのを感じれたという話。


そんなラジオずっと聴いてるような女の子モテないし友達いなくなるぞって3,4年前私に言った男がいたけどその男と今付き合ってるしそいつのほうが放送室ずっと聴いてた。私は生まれた瞬間からダウンタウンが好きとかふざけたことを言わせて頂いてるんですけど、本当に私自身も両親も彼氏もダウンタウンが好きすぎて環境の取り巻き方が半端じゃない。という話もいつか書いてみたい。書いてみたいというかこれ以上別にないんですけど。さようなら。

ママ〜ドゥユリメンバ〜